InJR北海道

北海道 │ 函館ライナー <アゼスタ乗り物ブログ>

皆さま、こんにちは。アゼスタです。

土用の丑の日、うなぎ召し上がりましたか?

逃してしまった方、ご安心下さい。今年は土用の丑の日、2回あります。

次は8月6日です。ぜひ美味しいものを食べて夏を乗り切りましょう!

 

さて今回ご紹介致しますのは、「はこだてライナー」です。

まだ耳新しいこの乗り物は、2016年3月、北海道新幹線の開業に伴い、

新函館北斗駅と函館駅をつなぐアクセス列車として登場しました。

 

普通列車で上り19分、下り22分、快速列車で上り15分、下り19分でつないでいます。

全ての北海道新幹線に接続するよう運行しており、新幹線が臨時便が出る時は

「はこだてライナー」も臨時便が運行されるそうです。

 

 

JR北海道 ほこだてライナー 北海道_R.JPG

 

運行にあたってもうひとつ注目を浴びたのが、“電車”である、とういうことです。

北海道では未だ電化された列車が走っているのは2割程で、ほとんどがディーゼル車なのですね。

20分ほどの短い距離にもかかわらず電化の工事もして“電車”を導入するというのは、それだけ

需要と期待の大きさがうかがえます。

ちなみに、函館市民の間では、“電車”というと市内を走る路面電車のことで、それ以外の列車を

汽車と呼んでいるそうです。

運行開始して1年が過ぎ、「はこだてライナー」はどちらで呼ばれているのか。ちょっと気になるところですね。

 

------------------------------------------------------------------------

はこだてライナー

停車駅:普通 新函館北斗、七飯、大中山、桔梗、五稜郭、函館

    快速 新函館北斗、五稜郭、函館

------------------------------------------------------------------------

 

In南海電鉄

大阪府 │ 南海電鉄特急ラピート <アゼスタ乗り物ブログ>

学生さんたちが夏休みに入り、通勤電車もほんの少しゆったりと乗れるようになりました。

こんにちは。アゼスタです。

 

今日は関西空港ご用達、南海電鉄特急「ラピート」のご紹介です。

 

関西圏にお住まいの方には見慣れた乗り物かもしれません。が、

東京在住のアゼスタ社員にとっては、貴重な機会となりましたので

少々調べてみました。

 

1994年関西空港開港に合わせて登場したラピートは、難波駅から空港へのアクセス特急として

運行開始しました。名前の由来は“早い”という意味のドイツ語“rapid”から。

通常のラピートはブルー仕様で、走る姿は弾丸の様と評されたり「鉄人28号」の呼び名があるようです。

これまで企画に合わせ、ガンダム使用の真っ赤、LCCの「Peach」とタイアップした白とピンク、

スターウォーズ仕様の黒に姿を変えたりしています。スターウォーズファンを自称する私的には、

クローン・トルーパの顔に見える白と、ダース・ベイダーをイメージさせる黒の車輌は、見てみたかったなと

少々残念な気持ちになりました。

 

 

南海電鉄 ラピート 大阪府_R.JPG

 

外観の力強さとは一転して、内装は上品でエグゼクティブ感が漂います。

座席の上部には航空機内と同じように荷物がしまえるハットラック。

持込用手荷物置場や四ヶ国語の車内案内など、もう旅が始まってる!とワクワクさせられます。

最近では利用者数の減少に悩まされたようですが、2015年頃からインバウンドによる外国人旅行者の利用が

急増しているとのことで、まだまだ需要有り、活躍してくれることと思います。

 

-----------------------------------------

南海電鉄特急ラピート

運行区間 南場〜関西空港

全座席252席

-----------------------------------------

Inうずしお観潮船

徳島県 │ うずしお観潮船 アクアエディ<アゼスタ乗り物ブログ>

おはようございます。アゼスタです。

蒸し暑い日が続きますね。暑さでなかなか寝付けない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

寝苦しい夜は、布団に入る1時間ほど前にお風呂につかり体温をあげておくと寝つきが良くなるそうです。

体温が下がってくると眠気を催す体の仕組みを利用したものですね。

ぜひお試しください。

 

さて今日は、鳴門のうず潮観潮船「アクアエディ」をご紹介致します。

 

正式名称、小型水中観測船「アクアエディ」。

世界三大潮流のひとつである鳴門海峡のうず潮を、間近に見られる小型高速船として毎日運航しています。

 

 

アクアエディー 徳島県鳴門市_R.JPG

 

水中観測船、その名前の通り水面下1mの展望室からは、海中のうず潮の様子が観察できます。

水中から見るうず潮は事前には竜巻のような形と聞いてましたが、

実際には大きな大きな竜巻をどアップで見ている感じ、右から左へ泡がどんどん流れていくという

感じでしょうか。

 

デッキからも、迫力あるうず潮が眺められます。

かなり近くまで船を寄せる為、揺れと音がすさまじくまさに天然アトラクション、

加えて高速船のスピードも楽しめる為、一隻(石)三鳥、お得と感じるほどおすすめです。

 

事前予約制で、干潮、満潮あたりの時間帯から埋まっていくそうです。

早めの予約と潮見表のチェックを忘れずにお出かけ下さい。

 

-----------------------------------------------------------------------

 

出発地:徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字大毛264-1

          (徳島県鳴門市鳴門公園亀浦観光港)

TEL:088-687-0101

定員 :46名

所用時間 :約25分

便  :1日15便

※事前予約制

 

アクセス:鳴門駅から車15分

     鳴門北ICから車4分

 

-----------------------------------------------------------------------

 

 

 

InJR九州

熊本県 │ SL人吉 <アゼスタ乗り物ブログ>

こんにちは、アゼスタです。

今日はJR九州の「SL人吉」をご紹介したいと思います。

 

SL人吉は、JR九州が熊本駅から人吉駅間を鹿児島本線・肥薩線経由して運行している、蒸気機関車牽引による臨時快速列車です。

 

2度の引退を経て、肥薩線全線開通100周年を迎えた2009年に、

多くのファンに後押しされて復活しました。

それ以来、美しい車窓が楽しめるレトロ感たっぷりのSL人吉は、九州を代表する人気の観光列車となっています。

 

↑SL人吉に使用される58654号機

 

力強い鼓動で走るのが特徴です。

観光客やファンからも人気が高いです。

 

 

↑SL人吉の側面

 

展望ラウンジには、高級感あふれるローズウッドに包まれたサロン展望室もあります。

高級感あふれるなかでパノラマビューを楽しめるなんて最高ですよね。

 

ライブラリー・ニュージアム・コレクションコーナーなどもあり、懐かしい雰囲気を味わえるのもいいですよ。

 

SL人吉は全車指定席になっているので、

お乗りになる際は駅の窓口で乗車券を購入するのを忘れないでください。

運行日程の確認もお忘れなく!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

運行日程:http://www.jrkyushu.co.jp/trains/slhitoyoshi/#info

運行区間:熊本〜人吉

本数:1日1往復

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

In-

熊本県 │ 肥薩線車輌 <アゼスタ乗り物ブログ>

おはようございます、アゼスタです。

子どもの夏休みが明けて、普段の生活に戻りつつある方も多いのではないでしょうか。

生活リズムが変わりやすい時期なので、体調には気をつけていただきたいです。

 

 

さて、今日はJR九州の肥薩線を走る「キハ40」をご紹介したいと思います。

 

そもそも肥薩線を読める人は少ないのではないでしょうか?

肥薩線は「ひさつせん」と読みます。

熊本県八代市にある八代駅から鹿児島県霧島市にある隼人駅をつなぐ鉄道路線のことです。

熊本、宮崎、鹿児島の南九州の3県を通る唯一の路線となっています。

 

 

そんな肥薩線をはしるキハ40はディーゼル動車です。

写真を見てわかる通り、普通の電車で見かける架線やパンダグラフがありません。

そのかわりに車両の先頭に電車では見かけない配線が入り組んでいるのがわかりますね!

 

 

このキハ40は観光客に人気の車両となっています。

その理由のとしては、趣を感じられる車体とところどころにある絶景ポイントだそうです。(アゼスタ社員による)

 

矢岳越えをするあたりがオススメのポイントになります。

目の前に開ける景色が最高だと多くの観光客が口にするみたいです。

 

みなさんもぜひ肥薩線に乗る機会がありましたら、キハ40に乗りながら絶景を楽しんでください!