In南海電鉄

鉄道|南海鉄道 <アゼスタ乗り物ブログ>

こんにちは、アゼスタです。
今回は「南海鉄道」のご紹介です。

南海鉄道は、大阪の難波と和歌山・関西国際空港・高野山などを結ぶ鉄道です。
南海線・高野線・空港線があります。

一般車両は1000系、2000系、2300系が運用されています。
1000系は南海線・高野線の共用仕様で外観・車内設備・居住性などグレードアップさせた、VVVFインバーター制御の一般車両です。
南海線は平成4年7月1日から、高野線は11月4日から運転開始されました。

南海鉄道を走る特急車両50000系の空港特急「ラピート」は今までにないデザインとなっています。
平成6年9月4日から営業運転され、1編成は6両組成で、定員252人の全車座席指定です。
楕円を基本形状として採用し、航空機の流線形とSLが持つ力強さのイメージを融合させた従来の概念にない発想でデザインになっています。
よりグレードの高いインテリア装備により、居住性とアメニティ豊かな空間を提供し、企業イメージを牽引するリーダーカーとして誕生しました。

南海電鉄 ラピート 大阪府_R.JPG

In東武鉄道

東武鉄道|SL大樹 <アゼスタ乗り物ブログ>

こんにちは、アゼスタです。
今回は東武鉄道の「SL大樹」のご紹介です。

SL大樹(たいじゅ)は、東武鉄道が2017年8月に約半世紀ぶりに復活させたSL列車です。
栃木県日光市の下今市(しもいまいち)駅から
鬼怒川(きぬがわ)温泉駅までの12.4km区間を約35分で走行します。
土曜休日を中心に1日3往復運転されています。
東武鉄道における蒸気機関車 (SL) の運転は
1966年6月に佐野線での運転を最後に廃止されてから約半世紀ぶりの再開となるそうです。

列車内には、SL観光アテンダントがおり、
乗車の際に手作りの「アテンダント通信」を受け取ることが出来、
SL大樹や日光・鬼怒川地域の様々な豆知識が紹介されています。
さらに1号車〜6号車にご乗車いただくと、記念乗車証がもらえるようです。

また、記念グッズや関連グッズも多数誕生しています。
記念コインをはじめ、帽子やトートとバック、キーホルダーなど様々なものが用意されています。
カップに大樹がデザインされたアイス、クッキーやお酒も販売しています。
駅弁にはC11 207号機の形をした「SL大樹日光埋蔵金弁当PREMIUM」といった商品もございます。
東武日光・鬼怒川温泉・下今市駅の売店やSL大樹の車内販売等でご購入いただけますので、
旅の記念にぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

In日本郵船

日本郵船|氷川丸 <アゼスタ乗り物ブログ>

こんにちは、アゼスタです。
今回は日本郵船「氷川丸」のご紹介です。

氷川丸(ひかわまる)は、日本郵船が1930年(昭和5年)にシアトル航路用に建造した貨客船です。
船名は、大宮氷川神社に由来しています。

現在は横浜市の山下公園前(横浜港)に係留されており、
2008年に「日本郵船氷川丸」としてリニューアルオープンしました。
戦前より唯一現存する日本の貨客船であり、船内のインテリアなども含めて貴重な産業遺産であるため、

2003年(平成15年)には横浜市の有形文化財の指定を受け、
2007年(平成19年)に経済産業省の近代化産業遺産として認定れました。
さらに2016年(平成28年)8月には国の重要文化財(歴史資料)に指定されました。

船内は、客船エリア、乗組員エリアと分かれており、氷川丸の歴史の展示を行っているエリアもあります。
屋外デッキから景色を楽しむこともできます。

また、氷川丸が係留されている「山下公園」は、海への眺望、記念碑や歌碑、
港から眺めるベイブリッジなど見どころの多い公園です。
また、山下公園は横浜のバラの名所でもあり、
毎年春と秋の時期には、「未来のバラ園」にたくさんのバラが咲き誇ります。

In航空会社 日本航空(JAL)

ジャパンエアライン|ボーイング777-300(773) <アゼスタ乗り物ブログ>

こんにちは、アゼスタです。
今回はジャパンエアラインの「ボーイング777-300(773)」のご紹介です。

777-300は、快適性とともに低燃費・低騒音を実現した777-200のストレッチ型として開発されました。
主脚にそれぞれ6本のタイヤが付いているのが特徴です。
これまで世界最大だったB777-200の胴体を10m以上も延長することで、さらなるキャパシティ増加を図りました。
胴体が長くなったことで非常ドアも片側5個に増設されるようになりました。
また、300ER型は300型をベースに新型エンジンをはじめとする大改修を加えています。
いままで最大の課題であった航続性能を飛躍的に改良したモデルとなっています。

JALでは、現在運用中の機材は173機あります。
退役した機材は429機になるそうです。
そのうち20台がこの777-300になり17機が運用中、3機が故障等による退役機材だそうです。

また、2019年の夏には機内のデザインを一新しています。
インテリアデザインのコンセプトは「世界に通じる日本の美意識とJALブランドの表現」です。
従来の赤色を基調としたデザインからグレー系の色を多用したデザインへ変更しました。

InJR東日本

山形新幹線|E3系 つばさ <アゼスタ乗り物ブログ>

こんにちは、アゼスタです。
今回は山形新幹線の「E3系 つばさ」のご紹介です。

E3系新幹線電車は、山形新幹線400系と同様に、新幹線と在来線を乗り換えなしで結ぶ「新在直通運転」の第2号として1997年に登場しました。
在来線区間を走行するため、一般の新幹線車両よりも一回り小形に作られており、収納式のステップが設けられています。

最高速度は275km/hの高速運転が可能です。
1999年12月には山形新幹線新庄延伸に伴い、E3系1000番代が2本新造され、2005年8月に更に1本追加されました。
2008年12月から、400系の置き換えとして、E3系2000番代が順次投入されました。

山形新幹線「つばさ」と東北新幹線「やまびこ」は、連結されて東京駅を出発します。
そして福島駅で連結が解除され、つばさは山形方面へ向かい、やまびこは仙台・盛岡方面へ向かいます。

この沿線沿いは、積雪量も多いため、スキー場が多くあります。
ぜひ新幹線を利用して冬のアクティビティを楽しみに行ってみてください。