Inその他

鹿児島県 │ 桜島フェリー <アゼスタ乗り物ブログ>

こんにちは、アゼスタです。
今日は鹿児島県桜島の乗り物を紹介します。

私には桜島は高頻度で噴火している活火山のイメージが強いです。
地元の人は桜島とうまく付き合いつつ観光を盛り上げようとしているみたいです。

桜島フェリーは公営で運行
鹿児島市本港新町の鹿児島港と桜島横町町の桜島港の間を結んでいます。


桜島フェリー 鹿児島県鹿児島市
↑桜島フェリー

このフェリーの運行のきっかけの一つは桜島の噴火。
災害の復興の象徴として導入してほしいとの声が大きかったそうです。

1934年から運行を開始し、
今では24時間運行されています。

夜は1時間に1本、昼は最大で1時間に4本運行しています。

桜島を盛り上げるため、桜島の生活をつなぐために
欠かせない存在となっています。

みなさんもぜひ鹿児島の桜島を訪れる際は
フェリーに乗ってみてください!

------------------------------------------------------------------------
桜島フェリーへのお問い合わせ先

住所:〒891-1419 鹿児島市桜島横山町61-4
電話番号:099-293-2525
------------------------------------------------------------------------

アゼスタ
Inその他

山梨県 │ ハイジの村 <アゼスタ乗り物ブログ>

こんにちは、アゼスタです。
もうお昼ですね。私もこの記事を書いたらお昼ごはんです。
今日は何を食べようかな笑

そんなことは関係ないですよね。
ここでは山梨県にあるハイジの村をご紹介しようと思います。

名前からもわかるように、アルプスの少女ハイジが暮らしていた
ヨーロッパ風の農村地域をモチーフにした村。

村内はお花や植物がたくさんあります。
村外には富士山や南アルプスが見えます。
まさにアルプスの少女ハイジの世界ですよね!

長野県 ハイジの村0
↑左に見えるのがマップ

バラが見どころの回廊などがあります!


アゼスタ長野県 ハイジの村0
↑ロードトレイン ハイジ号

ハイジ村を一周回ってくれます。
ただし、もちろん有料で1周330円です。

家族連れの方にはやや痛い出費になってしまいますが、
四季折々のおはやや植物を楽しめるのでぜひ乗車してほしいですね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
入園料:
〈高校生以上〉 
510円(個人) 420円(団体)
〈中学生および小学生〉 
250円(個人) 200円(団体)

住所:
山梨県立フラワーセンター ハイジの村
〒408-0201 山梨県北杜市明野町浅尾2471

お問い合わせ:
TEL:0551-25-4700
FAX:0551-20-2122
MAIL:mail@haiji-no-mura.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


アゼスタ
Inその他

霞ヶ関 │ 報道関係の車 <アゼスタ乗り物ブログ>

こんにちは、そろそろお昼の時間ですね。アゼスタです。
今日は霞ヶ関で撮った報道関係の車の写真を紹介します。

報道関係の車といえば、トラックみたいな中継車をイメージする方が多いのではないでしょうか?
私もそういうイメージを持っています。

下の写真の車は、外観だけを見ると一般車両の天井を改良していますよね。
天井から長いアンテナ(?)が伸びています。

こんなにアンテナが長かったら走るときどうするのかなと疑問に思いました。
残念ながら、私に車が移動するのを待っている時間はなく、確認することはできなかったです。

写真を撮ってから、どこのテレビ局なのかじろじろ見ていました。

普通なら大きなステッカーが貼ってあってわかりやすいんですがね。
この車はナンバーの横にちょこんと貼ってありました。
アゼスタの社用車はもっと分かりやすく貼ってありますけどね笑

「もっと大きなステッカー貼ればいいのにと思った」、アゼスタ写真撮影班でした。


↑横だと入りきらない長さのアンテナ(?)


↑縦でようやく収まりました。

アゼスタ
Inその他

空港 │ コンチネンタル航空 <アゼスタ乗り物ブログ>

今日もお疲れ様です。アゼスタです。
今回のアゼスタ乗り物ブログは、少し懐かしい写真をご紹介させていただきます。

今はなくなってしまったコンチネンタル航空からの一枚です。
よほどの航空マニアじゃないとご存知じゃないかと思いますが、コンチネンタル航空はユナイテッド航空に
2012年3月に統合されてしましったアメリカの航空会社です。

この写真は、私がPCの写真を整理している時に出てきた貴重なものです(笑)
意外と普通に暮らしていると気づきませんが、航空会社や鉄道会社というのは時代に
よって再編を繰り返しているものなのですね。

今は画像のコンチネンタルの部分がユナイテッドに変更され、ほんの少し見た目が変わってしまいました。
興味がある方はユナイテッド航空の最新機機体を検索してみても面白かもしれませんね!

ただ、会社が変わったと言っても、白いボディに青い尾翼(尾翼に地球をイメージしたモチーフが入って
いるのがポイントです!)は変わっていないのは、やはり歴史は引き継がれるといったところでしょうか?


アゼスタ
アゼスタ
Inその他

セブ島 │ バンガーボート <アゼスタ乗り物ブログ>

こんにちは。アゼスタ乗り物ブログです。
今日は少し趣向を変えて、海外の船についてご紹介してみたいと思います。

実は私、何を隠そう南の島が大好きです。
今回は夏の休暇中に私が訪れたセブでの写真を掲載してみたいと思います。

ところで皆さん、セブ島ってどこの国にあるかご存じですか?
セブ=南の島 というイメージは多くの方がお持ちのなのですが、セブ島がフィリピンにあることは知らない方が多いです!
よろしければ是非覚えておいて下さいね。

フィリピンというと少し危ないイメージも付きまといますが、実はフィリピンは非常に綺麗なビーチがたくさんある、ダイバーにはたまらない国の1つなんですね。ところで皆さん、日本とフィリピンの意外な共通点ってご存じですか?実は日本もフィリピンも多くの島がまとまって形成されている国の1つですが、フィリピンは7,107つの島が、日本は6,852の島から構成されており、島の数が限りなく近いんですよ!前回の滞在時に教えてもらったのですが、こんな一面からも親近感を感じてしまっている私です。アゼスタ社内でこの話を共有しても誰にも親近感を感じてもらえてないのはここだけの話です。

ちなみに、この写真の真ん中にある白い船は現地で「バンガーボート」と呼ばれています。主な素材は竹で構成されていて、波を超えるごとにギシギシ音がするので、はじめて乗った時にはビックリしましたが、自然に慣れてしまいました。色々な意味で大らかになれる、フィリピンの1つの名物だと言えるかもしれませんね。



アゼスタ
アゼスタ