In東武鉄道

浅草―会津田島│東武鉄道 特急リバティ<アゼスタ乗り物ブログ>

アゼスタです。こんにちは。
2018ワールドカップロシア大会が開幕しましたね。
初日は開催国ロシアが開幕戦を制しました。
日本の初戦は6月19日(火)21:00〜。
これでも早い時間なのですね。
頑張って応援したいと思います。

 

さて本題へ。
今回は東武鉄道の「特急リバティ」のご紹介です。

 

2017年4月、東武鉄道としては26年振りの新型車輌となる「リバティ」が運行を開始しました。
これまでの車輌と大きく変わった点は?
東武鉄道の発表によりますと
・1編成3両固定の「併結・分轄」を可能にした仕様
・車体の軽量化を図り、前照灯や室内照明にLEDを採用することで消費電力を低減
・WiーFi環境の整備や車いすスペース・車いす対応トイレの設置
・車体のデザイン
といったことが挙げられています。

 

東武鉄道 特急リバティ_R.JPG


「リバティ」の運行開始により、都心から日光方面の本数が増発され、
野岩鉄道、会津鉄道への乗り入れにより浅草から会津田島まで直通便も増えました。
この路線は観光だけではなく、通勤での利用も多いので会社に行くのが楽になった方も多そうですね。

 

停車駅には東京スカイツリー駅も含まれていることから、
車体のデザインや内装はそのイメージを元に造られているそうです。
特に内装は、スカイツリーカラーの白を基調に、大地や樹木をイメージさせる木目調を随所に配置、
天井部は隅田川や鬼怒川などをイメージした波型のデザイン、
窓と窓の間の柱や座面に江戸小紋、座席の色は江戸の伝統色である江戸紫など、
しっかりとアピールされています。


各座席にコンセントが設置されているので、スマートフォンやノートパソコンも

移動しながら使えるところがとても今風ですね。

 

新型車両で初夏の旅を楽しむ、なんていかがでしょうか。

ぜひご乗車を。

In東武鉄道

東京都│東武鉄道大師線 <アゼスタ乗り物ブログ>

おはようございます。アゼスタです。

いよいよ明日からは9月。でもまだまだ残暑は続きます。

初秋の言葉に惑わされ油断しがちですが、9月は真夏の暑さのダメージを

受けて体が弱っているため、熱中症の発症率は7、8月と変わらないそうです。

どうぞ、お気をつけ下さい。

 

今回は、東京都足立区を走る「東武鉄道大師線」をご紹介します。

 

大師線は「西新井駅」と「大師前駅」を結ぶ約1kmの路線です。

間に駅はなく、この二つの駅を行き来する単線なのです。

 

起点の「西新井駅」は東武スカイツリーラインの区間に含まれており、

上りは東京スカイツリーや浅草へ、下りは東武動物公園などにつながっています。

 

終点の「大師前駅」は、名前のとおり西新井大師まで徒歩4分という立地にあり、

このお詣りに行く方のための路線であるといえそうです。

東京では稀な無人駅で、「西新井駅」の乗り換え改札で切符の購入や精算をするシステムになっています。

普段は利用客も少ないようですが、お正月やお詣りのシーズンになると増便や駅員さんを配置したりするようです。

無人駅の割りにホームが広く感じたのは、初詣の人出のためかな、と思います。

 

 

東武大師線 東京都足立区_R.JPG

 

写真からもわかるように、ワンマン運転です。

駅に着くと運転手さんは前から後ろへ、後ろから前へと移動しています。

 

余談ですが、“西新井大師”は“川崎大師”などと共に「関東厄除け三大師」のひとつです。

初詣や厄除けだけではなく、年間を通じてだるま供養や風鈴まつり、夏祭り、七五三など

様々な行事が行われ賑わうお寺なのですね。

 

予定の合う方は、ぜひ大師線に乗って、西新井大師に足を運んでみて下さい!

 

------------------------------------------------------------------

西新井大師

 

所在地:東京都足立区西新井1-15-1

TEL    : 03-3890-2345

    電話対応時間 9:00〜16:30

境内参拝時間:通常期 6:00〜20:00(時期により異なる)

------------------------------------------------------------------

 

1