こんにちは。アゼスタです。
昨日は全国的に気温が上がり最高気温が25度以上の夏日が各地で観測されました。
が、まだ3月下旬なのですよね。
気温だけですと5月くらいの感じですが。
4月は来週から。いよいよ新年度が始まります。
新1年生、新社会人に負けず、大人も頑張りましょう!


さて今回は、上越新幹線「MAXとき」をご紹介します。

 

東京から新潟を結ぶ上越新幹線。
1982年の開業ですから、もう35年を超えるのですね。
私、アゼスタ社員が上越新幹線を認識したのは、
1991年からスタートした“JR SKISKI”のCMが最初だったと思います。
それまで、夜行バスで行くのが当たり前だった学生スキーが、新幹線で行く!
驚きました。そして、、、
ワンシーズンでそれは、常識へと定着したように思います。

 


上越新幹線とき?_R.JPG

E2系 とき

 

CMの背景には、越後湯沢駅に隣接してガーラ湯沢スキー場がオープンしたことにあります。
このスキー場へのお客の輸送の為に開業したのがガーラ湯沢駅になります。
冬季のスキーシーズンのみの臨時駅です。
駅舎がそのままスキーセンターになっていて、新幹線に乗る改札もゴンドラの発着場も
同じ建物の中にあり便利で時短で、首都圏からの日帰りスキーには本当に利用しやすいのです。

 

少し話がそれてしまいました(汗)

 

もうひとつ上越新幹線で話題を集めていたのが、2階建て新幹線が走っている、ということでした。
今回ご紹介する「MAXとき」です。

 

上越新幹線Maxとき_R.JPG

E4系 MAXとき


東京から新潟までを走る列車はE2系の「とき」と「MAX」と付く2階建て車両・E4系が使われています。
鼻先の長いちょっととぼけた顔だちですね。

2本連結した16両編成時の定員1,634名は、高速車両としては世界最大の定員数を誇り、
新幹線の通勤・通学輸送の混雑緩和に貢献してきました。


2階席からの眺めも良く、他の新幹線よりもゆったりと大きく感じます。
しかし残念ながら、昨年のJRの発表で「2階建て車両・E4系」は、
2021年3月までに廃止が決まりました。
今後は北陸新幹線で使われている「E7系」が使われるということで時速も今までよりも速くなるようです。

 

上越新幹線Maxとき?_R.JPG

 

2階建て新幹線が乗れるのはあと3年ほどです。
上越新幹線でお出かけの際は、ぜひMAXを選んでくださいね。