こんにちは、アゼスタです。
今回はうずしお観潮船のご紹介です。

渦潮といえば、徳島の鳴門のうずしおがあります。
そのうずしおを間近で体験できるのが、うずしお観潮船です。

うずしお観潮船には2つのタイプがあります。

1つ目は、予約不要で、大きな船でゆったりとうずしおの真上迄進める大型観潮船「わんだーなると」です。
定員は399名で、所要時間は30分程度です。日に12便運行しています。
大型船であるため、鳴門海峡の激しい潮の流れでも揺れが少なく安心です。
船の荷会は一等室になっており、展望デッキでゆったり渦潮を楽しむことができます。

2つ目は、予約をして楽しむ高速小型船「アクアエディ」です。
定員は46名で、所要時間は約25分。1日に15便運航しています。
アクアエディの最大の特徴は、水面下1mの展望室から海中のうずの様子が間近で見られる水中展望室があることです。
もちろんデッキからうずしおを眺めることもできます。