こんにちは、アゼスタです!
さて今回は沖縄の乗り物についてご紹介させていただきます。

それは、水牛車です!
今回は竹富島の観光の目玉となっている水牛車の写真をお届けます。
竹富島の町並みや文化を水牛車に乗りながら楽しむことができます。

歴史的には、昭和初期に水牛は台湾から農耕のために石垣島に渡ってきて、昭和30年頃には各農家に一頭ずついたそうです。だいたい2〜3歳頃から水牛車を引く調教をし、15〜20年ほど現役で牛車を引いてくれていたそうです。当時の島の農業を支えてくれた貴重な働き手だったようです。

また由布島と西表島の間の海は遠浅で満潮時でも1mほどにしかならないため、観光名物の一つとして水牛車で海を渡ることができます。海を水牛車で渡るという貴重な経験ができるのは日本ではここだけではないでしょうか。アゼスタスタッフは今回こちらは体験できませんでしたが、沖縄旅行の記念にいかがでしょうか?

アゼスタアゼスタ
アゼスタ