InJR東日本

JR東日本 │ 京浜東北線 <アゼスタ乗り物ブログ>

こんにちは、アゼスタです。
少しずつ暖かくなって来ましたね。

さて、今日は東京の人にはお馴染みの車両のご紹介です。
分かる人には簡単だと思いますが、そう「京浜東北線」です。京浜東北線という
名前の通り、神奈川県の横浜駅から東京駅を経由して埼玉県の大宮駅をつなぎます。

人口密集地域を縦断する路線なので、お世話になっている方も少なくないのでは
ないでしょうか?

この京浜東北線は非常に歴史が長く、前身となった「京浜線」はなんと1914年に
運行を開始しており、100年を超える歴史があります。最初は東京駅から高島駅
(横浜市西区、今はもう無い)までの開通でしたが、徐々に運行区間を伸ばし、
現在の横浜駅⇔大宮駅に落ち着いたのです。

普段乗っている電車にもそんな歴史があったと知ると、より親しみが湧くのでは
ないでしょうか?


今回の写真です。
「E233系 1000番台車両」
最高速度:95km/h

京浜東北線
アゼスタ
InJR東日本

JR東日本 │ 特急つがる E751系 <アゼスタ乗り物ブログ>

こんにちは、アゼスタです。
今回は東日本旅客鉄道(JR東日本東日本)が運行している『特急つがる』です。
秋田駅〜青森駅間を約2時間40分ほどで結んでいます。
『特急つがる』は、東北本線の特急「はつかり」の老朽化とスピードアップの為に投入された車両です。

また車窓からは弘前市鰺ヶ沢町にまたがる県内では一番高い山、岩木山を眺めることができます。
「津軽富士」とも呼ばれ、日本百名山にも選ばれています。
(日本百名山を死ぬまでには全て見てみたいと、ひっそり思うアゼスタスタッフです)

是非、秋田青森間の電車移動の際には、岩木山もご堪能いただければと思います。
北東北の周遊観光にも便利な列車です。

今回の写真です。
「特急つがる E751系」
 最高速度:130km/h

アゼスタ
アゼスタ
InJR東日本

JR東日本 │ 上越新幹線 E4系 <アゼスタ乗り物ブログ>

今回のアゼスタスタッフからの写真は、新幹線です。
2001年から上越新幹線で運行されてる『Maxとき』『Maxたにがわ』です。

なんとこの新幹線、高速車両としては世界最大の座席定員を誇っています。
16車両で1634人もの人々に、一度に移動していただくことができます。
新幹線通学・新幹線通勤される方の混雑緩和でお役に立っているようです。

印象的なのはぐんとのびた先頭部分のデザインではないでしょうか。
そして乗ってみないとわからないのですが、実はグリーン車の座席が
とても広いようです(私は乗ったことがありません・・)
個人差はあるかと思いますが、快適な姿勢までリクライニングもできるようです。

いつか、新幹線移動は全てグリーン車にしたいと思いを馳せる
アゼスタ事務所での昼下がりです。

今回の写真です。途中で塗装が変更されたようです。
「上越新幹線 E4系」
 最高速度:240km/h
アゼスタアゼスタ

アゼスタ
InJR東日本

JR東日本 │ 津軽線 <アゼスタ乗り物ブログ>

青函トンネルを走ることでも知られるJR東日本の津軽線。
真っ白な車体は、どことなく雪国を思わせます。

青森駅からJR北海道の三厩駅までの55.8kmをつなぎます。
将来開業される予定の北海道新幹線はこの路線と並行して
走る予定となっています。(経営は別会社)

JR津軽線JR津軽線2

アゼスタ
InJR東日本

JR東日本 │ 五能線 リゾートしらかみ <アゼスタ乗り物ブログ>

鉄道ファンにも大人気の五能線・リゾートしらかみが止まっていたので
思わず写真撮影をしてしましいました!
私たちアゼスタが販売している旅行ソフト「旅ネスプロ」「バス快道」は
やはり旅行関係のソフトなので、日本中にお客様がいらっしゃいます。

その関係で日常的に日本中を飛び回る日々を過ごしているのですが、仕事をしながら
少し足を伸ばすだけで国内の珍しい景色や鉄道を楽しむことが出来るのは役得と
言えるかもしれませんね。

さて、この五能線・リゾートしらかみは2014年3月のダイヤ改正で「深浦」が廃止と
なってしまってからは、秋田駅−青森県を直通で走る唯一つの列車となって
しまいました。

白神山麓を日本海沿いに走る五能線は数々の絶景スポットの横を通過するので、
窓辺を眺めながら乗車しているだけでも楽しめる素晴らしい列車です。

アゼスタは東京の会社なので、都内でJR等の電車に乗っても、外の景色はビルばかり、
しかも、線路にそって建っているケースがほとんどなので、見渡す限りの地平線が
見える景色にはこころ洗われます。特に奇石に打ち寄せる波は絶景でした。




五能線 リゾートしらかみ
五能線 リゾートしらかみ

アゼスタ