Inその他

シンガポール │ リバー・エクスペリエンス <アゼスタ乗り物ブログ>

おはようございます。このブログを書くと一日が始まった気分になるアゼスタスタッフです。
もう少しシンガポールネタにお付き合いいただけますと嬉しいです。
ということで今回はシンガポール乗り物編です。

シンガポールでリバークルーズができることはご存知でしたでしょうか?
今日の一枚はシンガポールリバーのクルージングで使用される船の写真です。

地上からではなかなか気づけない景色や、クルージング中にシンガポールの歴史の説明もしれくれるので、シンガポールについて詳しくなることができます。
昼間は主に2つのコースがあり、どちらのコースでも有名な観光スポット(マーライオンやマリーナベイサンズ)は通るようになっていますのでご安心ください。また夜には夜景を楽しみながらのクルージングもあります。

船に揺られてゆったりとシンガポールの町並みと歴史に触れることも、なかなかオツなことではないかと思うアゼスタスタッフです。

アゼスタ
アゼスタアゼスタ
Inその他

シンガポール │ ケーブルカー <アゼスタ乗り物ブログ>

おはようございます。アゼスタです。
今回も前回に引き続きシンガポールの乗り物についてです。
このような乗り物が移動手段として存在しているシンガポールは、さすが観光立国だと感心してしまいます。

さて今回はシンガポール本島とセントーサ島を結ぶケーブルカーです。移動だけの手段と捉えてしまうとタクシーよりもかなり割高ですが、ケーブルカーに乗ったことがない方は是非一度お試しください!
移動だけで終わらないアトラクションとしてのケーブルカーがお楽しみいただけるかと思います。

例えば、ケーブルカーからは360°のパノラマの景色を堪能することができます。海側からのシンガポール本島の景色も楽しめますし、鬱蒼と生い茂る熱帯雨林からはジャングルの面影を感じたりできます。

何より、アゼスタ社内で一番高いところが好きな私には、360°のパノラマで空中散歩ができるだけでたまりません。
高いところが好きな方には是非おすすめしたいスポットです。

アゼスタ
アゼスタ
Inその他

シンガポール │ セントーサ島 リフト <アゼスタ乗り物ブログ>

今日は少し遅い時間での更新になります、アゼスタスタッフです。
もうすぐ今日のお仕事も終了です。みなさま、お疲れ様です。

今回は年明け最初に投稿したシンガポールの続きになります。シンガポールの写真を見る度に『また行きたい!』という思いが湧いてきてたまりません(今度行けるのはいつでしょうか・・)。

USJや水族館やクレーン・ダンスなど、いくつもの観光スポットがあるセントーサ島からの一枚です。
セントーサ島に行かれたことがある方は少なくないと思うのですが、なかなかこのアングルでセントーサ島を撮影している方は少ないのではないでしょうか?
この写真を見た、高所恐怖症のアゼスタスタッフはびっくりしていたのはここだけのお話です。

アゼスタ
アゼスタ
Inその他

竹富島 │ 水牛車 <アゼスタ乗り物ブログ>

こんにちは、アゼスタです!
さて今回は沖縄の乗り物についてご紹介させていただきます。

それは、水牛車です!
今回は竹富島の観光の目玉となっている水牛車の写真をお届けます。
竹富島の町並みや文化を水牛車に乗りながら楽しむことができます。

歴史的には、昭和初期に水牛は台湾から農耕のために石垣島に渡ってきて、昭和30年頃には各農家に一頭ずついたそうです。だいたい2〜3歳頃から水牛車を引く調教をし、15〜20年ほど現役で牛車を引いてくれていたそうです。当時の島の農業を支えてくれた貴重な働き手だったようです。

また由布島と西表島の間の海は遠浅で満潮時でも1mほどにしかならないため、観光名物の一つとして水牛車で海を渡ることができます。海を水牛車で渡るという貴重な経験ができるのは日本ではここだけではないでしょうか。アゼスタスタッフは今回こちらは体験できませんでしたが、沖縄旅行の記念にいかがでしょうか?

アゼスタアゼスタ
アゼスタ
Inその他

那須サファリパーク │ ライオンバス <アゼスタ乗り物ブログ>

こんばんは、アゼスタスタッフです。
今回は子供時代が懐かしくなるかも知れない写真を選択させていただきました!

それは那須サファリパークのライオンバスです♪
那須サファリパークには、ベンガルトラ、カバ、キリン、ホワイトライオン、
アフリカライオンなど約70種700頭羽の動物が暮らしています。
草食動物たちには自由にエサやりをすることができることも、楽しみの一つです。

私が小さい頃、よく家族で那須サファリパークに行っていたのですが、
毎回マイカーでそのまま入園していました。
幼心に、ライオンバスに乗ってみたかったという記憶が今でもあります。

ということで今回は念願のらイオンバスに乗ってきました(笑)
知らなかったのですが、ライオンバスはいくつも種類があります。
次回、行った際には別のライオンバスに乗ろうと決意したアゼスタスタッフです。

アゼスタアゼスタ
アゼスタ