In阪急電鉄

大阪府-京都府│ 阪急電鉄京都線<アゼスタ乗り物ブログ>

こんにちは。アゼスタです。
あっという間に10月も終わろうとしています。
今月は晴れた空を見ることは少なく、雨の中の旅行となった方も多いでしょう。
後になれば良い思い出・・・ですが、やはり疲れるものです。
11月は秋のさわやかな晴れ日が1日でも多いことを願うばかりです。

 

今回は「阪急京都線」のご紹介です。

 

「阪急京都線」は、京都本線と宝塚本線梅田駅〜十三駅間を含めた、梅田駅から河原町駅を結ぶ路線です。
あずき色、またはチョコレート色と形容されるその車体カラーは阪急マルーンと呼ばれています。
近年では、金属地をむき出しにしたシルバーの電車が多く、その理由は車体の材質が鋼鉄から腐食しづらい
ステンレスやアルミ合金に変わったことがあげらています。
車体が腐食しにくいと塗装し直す必要性が減りメンテナンス費用が安くなる訳ですね。
しかし、創業から100年を超える阪急の歴史やブランドイメージを守る為、手間がかかろうとも
この阪急マルーンを使用し続けているそうです。
沿線在住の方々や近隣利用者の間でも阪急の電車は阪急マルーンでなければ、と親しまれているようです。
観光客や外国人旅行客にもインパクトがあり、そして歴史と伝統の町京都にぴったりのカラーだと思います。
この先もずっと守り続けてほしいですね。

 

阪急京都線1.JPG


余談ですが、阪急とサクラクーピーの共同開発で今月22日に“マルーン色”を再現したクーピーが
販売されました。阪急電車を描きやすいように“ペールブルー”“あいいろ”“おうどいろ”“ぎんいろ”
を含めた12色セットです。
電車好きのお子様へのプレゼントに喜ばれそうですね。

 

各駅からはそれぞれ観光名所が多々あり、上手に使うとかなりの名所が回れそうです。
阪急電鉄や各駅、ボランティア団体などから観光歩きのガイドブックも出ており、
ツアーではまわりきれない穴場スポットも紹介されています。
2度目、3度目の京都旅行や、出張の合間の散策に自分だけの京都の時間が過ごせそうです。
是非、ご利用なさってみてください。

In西武鉄道

東京都│ 西武鉄道 レッドアロー号<アゼスタ乗り物ブログ>

こんにちは。アゼスタです。
先週は気温が低いニュースが続きました。
東京でも冬物のコートが多く見られました。
今週は全国的にお天気が回復し、本州では気温が上がるようです。
秋と冬を行ったり来たりですね。
お風邪など召さぬよう皆さまお気をつけ下さい。

 

今日は西部鉄道「レッドアロー号」を紹介します。

 

「レッドアロー号」は西武鉄道の特急の愛称であり、運行区間は
池袋から所沢、入間、飯能を通り秩父へ向かう池袋線と、
西武新宿から所沢、狭山を通り本川越へ向かう新宿線とがあります。
全席指定のリクライニングシートを採用しているので、
通勤や通学はもちろんですが、ちょっとした遠出にも旅気分が味わえそうです。

 

池袋線で旅というと、やはり秩父へのハイキングや長瀞ライン下りでしょうか。
ハイキングの人気ルートは桜や芝桜の名所・羊山から影森まで琴平丘陵の尾根道を
たどるコースです。約3時間の歩行時間で長者屋敷跡や岩井堂、護国観音などを
鑑賞出来ます。
秩父のシンボルと言われる武甲山の麓にある羊山公園は9種類40万株以上の芝桜が
大地を埋め尽くすように咲き誇り、大勢の観光客で賑わっています。
長瀞のライン下りは、説明するまでもないですが、暑い夏場のイメージがあるこの乗り物、
営業期間が3月上旬から12月初めまでとフォーシーズンまたいでるんですね。
ポスターなどでよく見る急流スポット以外はゆったりと景色を楽しめるようで、
今の時期ですと紅葉も見られるようです。
池袋から秩父まで「レッドアロー号」で最短78分です。

 

レッドアロー1.JPG

 

もう一つの運行区間の新宿線旅というと、やはり蔵のまち・小江戸川越でしょうか。
年間700万人もの人が訪れるそうで、「重要伝統的建造物群保存地区」に指定、
また「美しい日本の歴史的風土100選」にも選定されています。
明治時代の川越大火にも耐え、防火性を見直されたという土蔵造りの町でショッピングや散策、
また明治初期から創業の菓子屋横丁で昔なつかしい駄菓子で和んだり、甘味処で休憩したり。
お祭りやイベントも多く行われているので、リピーターになる可能性も大ですね。
こちらは、新宿から最短45分でタイムスリップ出来ますよ。

 

--------------------------------------------------------------------------------

西武鉄道 「レッドアロー号」

 

停車駅:池袋線ちちぶ号
池袋・所沢・入間市・飯能・横瀬・西武秩父

新宿線小江戸号
西武新宿・高田馬場・東村山・所沢・狭山市・本川越

 

運賃 :池袋―西部秩父 乗車券     大人700円 小人350円 特急券700円
西武新宿―本川越 乗車券  大人500円 小人250円 特急券500円

--------------------------------------------------------------------------------

 

In航空会社 全日空(ANA)

東京都│ ANAスターウォーズ特別塗装機<アゼスタ乗り物ブログ>

おはようございます。アゼスタです。

 

秋分の日はどのように過ごされましたか?

お墓参りに行かれた方も多いでしょう。

秋分の日は“祖先を敬い亡くなった人をしのぶ日”として1948年に制定されたそうです。

今まで漠然とお彼岸だからお墓参りに行く、と思っていましたが、どちらかといえば逆でしたね。

お墓参りに行くためにこのお休みが出来たのですね。

そして「暑さ寒さも彼岸まで」。昼と夜の長さが等しくなり秋らしさを感じるようになっていきます。

少しずつ季節の変わり目を感じる。とても日本的な情緒で素敵だなあと思います。

 

前置きが長くなりました。

今回は、ANAの特別塗装機についてご紹介です。

 

写真は今年の3月にお披露目されたスターウォーズ機。

映画の人気キャラクター「C3PO」をデザイン化したものです。

 

スターウォーズの特別塗装機はこれまでに3機投入されており、

1機目は「R2−D2」を描いた「R2−D2 ANA JET」

2機目は新キャラクターの「BB−8」と「R2−D2」を描いた「STAR WARS ANA JET」

3機目は「BB-8」を描いた「BB−8 ANA JET」。

なかなかお目にかかることが出来ず、4機目になってようやく写真に収めることが出来ました。

 

JAL(スターウォーズ) 飛行機_R.JPG

 

今までの機体と違うのは、「C-3PO」の特徴である金色の体、

胴体や首の円盤部分、腹部の配線などを綺麗にデザイン化したところにあるそうです。

お披露目には「C−3PO」を演じた俳優アンソニー・ダニエルさんも登場し、

機体左側前方「L1ドア」にサインを残してくれました。

スター・ウォーズファンにはたまらない計らいですね。

機内では客室乗務員が特別デザインの黄色のエプロンを着用。紙コップやヘッドレストカバーも

同様のデザインとなっているそうです。

 

国内線仕様なのですが、運行スケジュールは非公開の為なかなか搭乗することは

難しいかもしれません。

が、ANAでは2020年まで「STAR WARSプロジェクト」を

展開するとのことで、次の企画も楽しみに待ちたいと思います。

 

Inうずしお観潮船

兵庫県│ うず潮観光クルーズ「咸臨丸」<アゼスタ乗り物ブログ>

こんにちは!アゼスタです。

残暑は続いてますが、秋祭りの催しも各地で盛り上がっているようです。

神社の例大祭、さんまや肉、ビールのフェスなど。

アゼスタ社員は代々木公園の北海道フェスが気になっています。。

 

さて本題に。

今回ご紹介しますのは、兵庫県淡路島からうず潮クルーズ「咸臨丸」です。

 

元々の「咸臨丸」とは、江戸末期に幕府が所有していた船で、1860年勝海舟により

日本人で初めて太平洋横断しアメリカへ渡った蒸気帆船。

この船には福沢諭吉やジョン・万次郎も同行していたそうです。

 

その雄姿を復元し、レトロ感を出しつつも冷暖房完備、車椅子対応バリアフリースロープ、

手足が伸ばせる畳のお部屋、屋根のついたオープンデッキなど、勝海舟も目を丸くする

今風の設備を備えているのが、現在の「咸臨丸」なのですね。

 

鳴門海峡 うずしおクルーズ「咸臨丸」 兵庫県南あわじ市_R.JPG

 

9月から11月はうず潮の旬と呼ばれ、“秋の大潮”が体感出来るシーズンです。

年間でも最も海水温が高く海水が膨張しているため、潮位が高くなり

迫力のある大きなうずしおを出現させる条件が揃っているとのこと。
せっかく見るのならこの旬の時期に見たいですよね。

 

下船した後は港近くの“足湯うずのゆ”にも立ち寄ってみて下さい。

無料で5つの足湯が楽しめますよ。

 

----------------------------------------------------------------------------------------

うず潮クルーズ「咸臨丸」
所在地 : 兵庫県南あわじ市福良港 うずしおドームなないろ館
TEL   :  0799-52-0054
営業時間: 9:00〜17:00 無休
運賃  : 大人2000円 子ども1000円 幼児大人1名につき1名無料

-----------------------------------------------------------------------------------------

 

In東武鉄道

東京都│東武鉄道大師線 <アゼスタ乗り物ブログ>

おはようございます。アゼスタです。

いよいよ明日からは9月。でもまだまだ残暑は続きます。

初秋の言葉に惑わされ油断しがちですが、9月は真夏の暑さのダメージを

受けて体が弱っているため、熱中症の発症率は7、8月と変わらないそうです。

どうぞ、お気をつけ下さい。

 

今回は、東京都足立区を走る「東武鉄道大師線」をご紹介します。

 

大師線は「西新井駅」と「大師前駅」を結ぶ約1kmの路線です。

間に駅はなく、この二つの駅を行き来する単線なのです。

 

起点の「西新井駅」は東武スカイツリーラインの区間に含まれており、

上りは東京スカイツリーや浅草へ、下りは東武動物公園などにつながっています。

 

終点の「大師前駅」は、名前のとおり西新井大師まで徒歩4分という立地にあり、

このお詣りに行く方のための路線であるといえそうです。

東京では稀な無人駅で、「西新井駅」の乗り換え改札で切符の購入や精算をするシステムになっています。

普段は利用客も少ないようですが、お正月やお詣りのシーズンになると増便や駅員さんを配置したりするようです。

無人駅の割りにホームが広く感じたのは、初詣の人出のためかな、と思います。

 

 

東武大師線 東京都足立区_R.JPG

 

写真からもわかるように、ワンマン運転です。

駅に着くと運転手さんは前から後ろへ、後ろから前へと移動しています。

 

余談ですが、“西新井大師”は“川崎大師”などと共に「関東厄除け三大師」のひとつです。

初詣や厄除けだけではなく、年間を通じてだるま供養や風鈴まつり、夏祭り、七五三など

様々な行事が行われ賑わうお寺なのですね。

 

予定の合う方は、ぜひ大師線に乗って、西新井大師に足を運んでみて下さい!

 

------------------------------------------------------------------

西新井大師

 

所在地:東京都足立区西新井1-15-1

TEL    : 03-3890-2345

    電話対応時間 9:00〜16:30

境内参拝時間:通常期 6:00〜20:00(時期により異なる)

------------------------------------------------------------------